コンテンツへスキップ

令和五年度検定に合格した中学校社会(歴史的分野)が発表されました。四年まえ合格した教科書は七社で、南京事件の記述は変わらず、今回も合格しました。四年まえ不合格となった自由社の教科書は、南京事件を記述せず、今回も記述していませんが、今回は合格しました。また、令和書籍の「国史教科書」が新たに合格しました。令和書籍の「国史教科書」はほかの教科書にない分量を南京事件に割き、このように記述しています。... 続きを読む

 外務省ホームページの問題に関しては、令和六年に入ってからも、参政党の神谷宗幣参議院議員が質問主意書提出、「WiLL」五月号が「外務省ホームページ『南京虐殺』はなぜ消えない」を掲載、「外務省ホームページの変更を要望する会」がホームページを変更するよう外務省へ要望、和田政宗参議院議員と評論家西村幸祐氏による講演会開催、と続いており、「時事評論 石川」五月二十日号に掲載されたコラム「『南京事件』にメスを入れよ」は、それらをまとめ、「今こそ、日本国民が一致団結して事実無根の南京虐殺の反論しよう」と結んでいます。... 続きを読む