コンテンツへスキップ

 「日本の息吹」6・7合併号がレポート欄で「外務省HPの南京記述の削除を求める要望書が提出」として「外務省ホームページの変更を求める会」が外務省に面会して要望書を提出したことを伝えています。  54頁に掲載された記事は、和田政宗参議院議員が昨年四月三日に国会で取りあげ、林芳正外務大臣が外務省のホームページに根拠のないことを答弁、それから一年目に当たる今年四月二日、「ホームページの変更を求める会」が外務省に面会して訂正の要望書を提出、そのあと評論家西村幸祐氏と和田政宗議員が経緯を報告した、と一連の流れをわかりやすく紹介しています。... 続きを読む

現在使用されている教科書は小学校から高校までほとんどが南京事件を記述しています。しかし昨年、南京事件を記述している外務省ホームページに根拠はないと林芳正外務大臣が答弁しました。それを受けて「教育を良くする神奈川県民の会」(代表・小山和伸神奈川大学教授)は記述を訂正するよう教科書会社へ提言しました。... 続きを読む