コンテンツへスキップ

南京事件はあったのか? 中国のプロパガンダなのか?

今年12月13日は日本軍が南京を攻めおとして85年目にあたります。

こういう年、論争に決着をつける本が発売になります。

アメリカの宣教師が書いた日記や家族への手紙がのこされています。そこには南京で市民殺害があったと書かれていません。

南京が陥落したあと、宣教師のひとりベイツは、南京の市街に市民の死体が横たわっているというメモを書き、新聞記者に渡しました。そのメモが記事となり、そこから南京事件は始まりました。

戦後、東京裁判が開かれたとき、十一万二千余人を埋葬したという埋葬記録が提出されました。それにより東京裁判は、十万とも、二十万とも、市民が殺害されたと判決しました。この埋葬記録は偽造されたものでした。

南京事件が蒋介石の宣伝であることは毛沢東も知っていました。そのため、毛沢東が亡くなるまで中国で南京事件が言われることはありませんでした。中国で南京事件が言い出されたのは、毛沢東が死んで三年後の昭和五十四年のことです。

日中歴史共同研究の中で、日本側は改竄を行ってまで南京事件があったとしました。

日本の外務省はホームページに市民殺害があったと書いていますが、今年、記述の根拠となる資料は外務省になかったことが明らかになりました。 こういった事実が多くの研究者によって明らかにされてきました。今回、それらがまとめられ、あらためて南京事件は虚構であることが示されました。『決定版 南京事件はなかった 目覚めよ 外務省!』(阿羅健一著 展転社発行 2500円)がその本です。

『「南京事件」日本人48人の証言』」(小学館文庫)は、平成十四年からロンゲセラーをつづけてきました。南京戦から85年目となる今年、新たに二人の証言を加え、『決定版「南京事件」日本人50人の証言』として、十一月二十日に育鵬社から発売となります。この本が発売まえから注目を浴び、アマゾンに予約が殺到しています。

『「南京事件」日本人48人の証言』は、陥落後の南京に入った新聞記者、カメラマン、外交官、高級将校たちより、昭和五十九年から六十一年にかけ、聞き書きしたものです。

日本軍が南京を攻略したとき、欧米の新聞は、日本兵は南京市民を好きなように殺していった、と報道しました。十一年後の東京裁判は、十万とも、二十万ともいう人を殺したと判定しました。日本人が見た陥落後の南京はどういうものか。50人の語る南京はどういうものだったのか。南京の姿がこれら日本人により明らかにされています。

『「南京事件」日本人48人の証言』は、これまで紙と電子版とで発売されてきましたが、今年初めから、電子版だけとなりました。すると、紙媒体で読みたいという要望が上がり、それにこたえ育鵬社が単行本として発売を決め、十一月二十日発売と決まり、注文が殺到しているものです。電子版はこれまで通り小学館から発売されています。

『決定版「南京事件」日本人50人の証言』は、50人の証言のほか、かつて月刊誌「正論」に収められ、いまでは入手困難となっていた阿羅健一の三つの論文も収められています。

ひとつめの「新史料 架空だった南京大虐殺の証拠」は、崇善堂という埋葬団体が十一万二千余人を埋葬したと東京裁判で認定されましたが、その埋葬記録は戦後につくられたものであることを明らかにした論文です。東京裁判は、十一か国が集まり、三年にわたり開廷していましたが、このようなでたらめな判決をしていたと話題を呼びました。

ふたつめの「東京高裁も退けた“南京虐殺”のウソ」は、東史郎上等兵が日記に、中国人を郵便袋に入れ、ガソリンかけて火をつけ、沼に放りこんだ、と書いて訴訟となり、東京高裁は、日記は当時書かれたものでなと認定しました。このときの訴訟のやりとりを描いたもので、東史郎のでたらめぶりや、日本の裁判に対する中国の圧力が描かれています。

みっつめの「南京事件の真実を追い求めて」は、日本軍が南京を攻略したとき、陸軍省や外務省にはどのような情報が入っていたか、昭和十二年当時、東京にいた軍人や外交官にから聞き書きしたものです。陸軍省や外務省では南京事件がまったく認識されていなかったことが明らかにされ、南京事件が宣伝であったことがあらためてわかります。

『決定版「南京事件」日本人50人の証言』(阿羅健一・著)は、2200円(税抜き)です。